" SOUP GIFT BOX " The Tastemakers & Co. New GIFT IDEA





The Tastemakers & Co.“FOOD DEPT.”より、新しいギフトアイデアのご紹介です。
ご好評をいただいてます SMALLEST SOUP FACTORY のオーガニックスープと
MASON CASHのボウルがセットになったスぺシャルギフトボックス。
オーガニック先進国オランダで、厳選された食材のみをつかい、
シェフ、ミシェル氏がじっくり時間をかけて愛情たっぷりに作るスープ、
イギリスの老舗陶器メーカー MASON CASH ロングセラーのボウル、
そして、インテリアとしても楽しいCookerデザインのボックスは、
Play Kitchenとしてもお使いいただけます。
贈った方も贈られた方も笑顔になる心温まるギフトです。

GIFT BOX SET  ¥7,875-

" LINEN HOMEWARES " 





ハウスリネンやテーブルリネンという言葉が今でも使われているように、
リネンは、人々の暮らしに根差したすばらしい文化と歴史があり、
他の繊維に比べ、手間やコストのかかる繊維ですが、
栽培においてほとんど農薬を使わないので、地球にも人にもやさしい繊維です。
特徴として、コットンの4倍もの吸収性、速乾性、
濡れると強度が増し、洗濯にも強い丈夫さがあります。
肌に触れるさらりとし た感触、さらには、使い込むと柔らかくなり、
クタッとした独特の雰囲気になります。
 リネンというと、フレンチリネンやアイリッシュリネンが有名ですが、
東欧のバルト三国の一つ、リトアニアも良質な亜麻(フラックス)の 産地になります。
リトアニアは、旧ソビエト時代からたくましくリネン織物を生産してきました。
今回、The Tastemakers & Co. がオリジナルで作る、
キッチンリネンやクッションカバー、ピローケースなどのホームウェアは、
数あるリネ ンの中から、ざっくりとした素朴な雰囲気をもつ
リトアニアリネンを選び、伝統と技術を受け継ぐ工場で生産してます。
毎日使って、ずっと使っ て、リネンの魅力をお楽しみください。 


" TENDER Co. "                        Featuring woad dyes collaboration The Tastemakers & Co.







The Tastemakers & Co.『small trades』では、
“BLUE FIELD”と題し、BLUE のもつ染めの魅力をご紹介します。
今では大変希少となったインディゴブルーの
天然染料 Woad (細葉大青アブラナ科タイセイ属の藍草)。
この Woad Dyes を継承しているのが、イギリス人デザイナー William Kroll 。
彼は、自身のブランド TENDER Co. のコレクションの中で、
手間と時間のかかる Woad 染めを一枚一枚丁寧に手染めしています。
The Tastemakers & Co. では、この価値ある Woad 染めに
フューチャーしたコラボレーションを実現することができました。
歴史や伝統をリスペクトし、飽くなき探求心が作りだす確かなモノ作り、
DENIM MASTER と呼ぶにふさわしい技術とセンスにご注目ください。

The Tastemakers & Co.と伊勢丹新宿店で開催中の POP-UP STORE で、
実際にこだわりの商品を手に取ってご覧いただけます。



〜TENDER Co.  Made in ENGLAND

イギリスの蒸気機関車が走っていた時代の機械や作業着をルーツとし、
洋服の中に自然をとりいれていくことをコンセプトとしたコレクションを製作。
デザイナーの William 氏の経歴も異色で、
サヴィルロウでテーラードの経験や、岡山でのデニムの勉強も現地に滞在。
現在はイギリスのセントマーチンでデニムの講師も務める。

The Tastemakers & Co. POP-UP STORE "small trades" at ISETAN




いよいよ本日より、
The Tastemakers & Co.のPOP-UP STORE "small trades" が
伊勢丹新宿店にて始まります。
9月10日までの2週間、
本館5階 ザ・ステージ#5で開催です。
ぜひ、お立ち寄りください。



" 8.27 (Tue) 臨時休業のお知らせ "


誠に勝手ながら8月27日(火)は、お休みさせていただきます。

オンラインショップ、メールでのお問い合わせについても 28日(木)より、順次、ご対応させていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。 

THE MEAT MARKET “I MEAT YOU” 第2弾!





代官山T-SITE GARDEN GALLERYで開催される、
HUGE創刊10周年記念イベント“Summer Party”において、
24日(土)16:00頃から、THE MEAT MARKET “I MEAT YOU” 第2弾として
The Tastemakers & Co. のケータリングサービスが出現します!

今回は、下町の堀切で人気老舗ベーカリーほりぐちとのコラボレーションで
新たに立ち上げた『HORRY'S BAKERY』の絶品カリードーナツ。
カリっ、モチっとしたパンとカレーが絶妙にマッチング。
そして、前回大好評をいただいた、本場ドイツ仕込みの
The Tastemakers & Co. x POLESTRA FARM SAUSAGE』の
ソーセージをはさんだホットドックを販売いたします。
また第1弾に引き続き、MASON SHAKERを使って作る、
恵比寿 BAR TRENCHのオリジナルカクテルも!
ぜひご賞味ください!


" small trades "




今日、何でも安くて、早くモノが手に入る時代。
The Tastemakers&Co.では、
“いいモノ”とは便利なだけでなく、ずっと使っていきたいと思えるような、
あえて職人的な手間と時間がかかって限られた生産量しかできない、
そんな『SMALL TRADES』的なモノを独自の視点でご紹介していきます。
熟練された技術をもち、素材の特性を研究し続け、
納得したモノ作りをする職人たち。
自ら原料を育て、または地元の素材に拘り
小さい規模ながらも信念を持って仕事をする生産者たち。
彼らの技や知恵を肌で感じ、美味しさを舌で感じ、
何よりモノ作りにこだわる熱い想いに共感していただければと思います。


The Tastemakers & Co. + ISETAN  "small trades"




The Tastemakers & Co. が、8月28日(水)から9月10日(火)まで、
伊勢丹新宿店本館5階 ザ・ステージ#5にて、POP UP STOREを開催いたします。

手間と時間をかけて作られ、大量生産では実現できない
" small trades " によってうまれたモノをご紹介します。

今回は、外苑前のFUGAさんのグリーンも入るので、
普段のお店とはまた違った雰囲気で
お買い物を楽しんでいただければと思います。

日時:8月28日(水)〜9月10日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館5階 ザ・ステージ#5
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1

" Summer Party - HUGE 10th anniversary "





いつもお世話になっている HUGE が、
DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYで、
創刊10周年記念イベントを開催!
The Tastemakers & Co.も参加します!
24日の16:00頃からは、
ケータリングサービスも!

ぜひ!

" It's SUMMER BREAK "






誠に勝手ながら、2013年8月13日〜15日の間、
お休みさせていただきます。
オンラインショップ、メールでのお問い合わせについても
16日より、順次、ご対応させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。



“ Indian Spicy Curry Soup ”



スープの不思議な力に魅了され、
世界中を旅して美味しいスープ探しを続けるシェフ、ミシェル・ヤンセン。
彼がインド、マドラス、ボンベイで出会った
ホットな夏に欠かせないスパイシーなカレースープのご紹介です。






マドラス(チェンナイ)では、「料理を作って誰かに食べてもらう」のは、
「他者への思いやりそのものであり、奉仕である」
という考えが根付いているんだ。
伝統的なベジタリアン料理と、
ベジタリアンでない料理の両方を楽しめる地域で、
お米とマメ類を多く使うのが特徴なんだ。
小麦から作った主食では栄養バランスが悪いと考えられていて、
もしかしたら、日本と似ているかもしれないね。
タミル地方の料理は、じっくりと時間をかけて作られるんだ。
僕はそのことにとても感心していて、
自分で作るときも、その伝統を踏襲することにした。
僕のレシピでは、ココナッツとスパイシーなコリアンダーをメインに、
コリアンダー種子、マスタード種子、黒胡椒、クルクマ、クミン、
シナモン、フェヌグリークをブレンドしたマサラに、ひよこ豆をあわせている。

スープとしてももちろんおいしいけれど、希釈せずにそのまま温めて、

カレーソースとしてぜひ食べてみてほしいんだ。
マドラスの人たちのように、
ご飯に、チャツネとピクルスを添えて楽しんでみて。
タマリンドを加えるとよりフレッシュに、
カレーリーフを加えるとよりカレーの香りが引き立つよ。







ボンベイといえば、なんといっても屋台。
もちろん屋台料理はインド全土にあるんだけど、
ボンベイの屋台料理はやっぱり特別なんだ。
裕福な人もそうでない人も道端で丸テーブルを囲んでいて、
そして、街のレストランよりも「断然イケテル!」と
感じることもあるほどおいしい。
宗教も、カーストも、性別も、民族も超えて、
みな幸せそうに、屋台料理に夢中になっている。
僕のカレースープを口にしてくれるみんなにも、

こんな風に幸せな笑顔になってもらえたらすごくうれしいよ。
コリアンダー、クルクマ、青唐辛子、
それに、甘みづけにジャガリー(粗糖)を加えて作った
オリジナルのマサラ(スパイスミックス)がカレーに深みを与えていて、
複雑な味を引き出しながらも、
すごくフレッシュな味わいに仕上がっている。
アーユルヴェーダでは、ジャガリーは糖質の中でもっとも良いものとされ、

ピッタを鎮め、ドーシャのバランスを整えると言われている。
フレッシュで酸味のあるこのカレーは、
パパド(南インドの極薄のクラッカーのような食べ物)と相性がとてもいい。
もちろんご飯や、ほかのインド料理ともよく合う。
食べる前に新鮮なレモンを絞ると、さらにさっぱりとおいしくなるので、
暑い日には特におすすめだよ。


by Michel Jansen